2018年5月

大人ニキビ対策!

大人ニキビ対策!

(公開: 2018年5月21日 (月))

学生時代、よく悩まされたのが、ニキビがなかなか治らない!と言う事。段々大きくなって来て、化膿しだしたら目立って来て、それが嫌でとりあえず潰してしぼませると言う事を繰り返していました。若い頃ならそれが跡になっても、新陳代謝が活発なのですぐ生まれ変わって薄くなりました。でも今はそうはいきません。大人になったら今あるシミを消すのに精一杯なので、新しいシミを作るなんてもってのほかです!化膿するまで放っておくのはやめましょう。大人になると皮膚が厚くなり、代謝が悪くなるので、固い吹き出物になってしまったらそのまま黒いイボになってしまったり、取り返しがつきません!まず、基本的な事は、汚れをしっかり落とす事です。汚れを落とすといっても、夏テカる時に、ゴシゴシ何回も洗う人がいますが、それは逆効果です。乾燥し過ぎて皮脂腺が活発になり、またニキビが出来てしまいます。私が言っているのは、家に帰ったらすぐ当たり前に化粧を落とし、毎日お風呂に入って、たっぷりの化粧水で保湿すると言う事です。特に洗う時は蒸しタオルで毛穴を開かせてから、たっぷりの泡で優しく洗います。オススメはオイル入りの石鹸です。ニキビが出来てしまったらさらに化粧水でコットンパックしましょう。皮膚が柔らかくなって、軽い症状のうちは翌日に落ち着きます。

シーボディ VCシリーズの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?


関節痛は理解されにくい気象病です

関節痛は理解されにくい気象病です

(公開: 2018年5月14日 (月))

関節痛は、周囲の人から理解されにくい気象病です。気圧配置または梅雨前線など、大きく気温低下したり湿度が大幅に上がったりする気候の微妙な変化を、数日前から体の反応によって感じ取ります。特に大型台風、大雪などの数日前は、たとえ薄日が差しているような穏やかな日の朝であっても、関節リウマチによる関節痛を感じます。明け方目が覚めると、もうすでに弱っている箇所のいくつかがブヨブヨに腫れ始めているのです。この状態は見た目ではあまりよくわからないことが多いです。指の関節などは、意識して目を凝らせば関節の太さの不自然さに気が付きますが、たいていの場合はそこまでわかりません。長袖を着ていれば、その下の肘の関節がやや曲がって伸びない状態であることもわかりません。朝目覚めた時の倦怠感や、洗顔する際に片側の手のひらが顔に届かない時など、数日後の天気の大きな崩れを感じ取ります。天候が荒れ始めた最中にはその症状はある程度落ち着いてしまうため、はた目から見れば具合の悪さなどはますますわからなく、理解されにくいのです。

肩こりにはストレッチが効く?肩こりの原因と解消法